「ミラクルデンチャー」について
奇跡の入れ歯なんて大げさな!と思われるかもしれません。
ミラクルデンチャーとは、大阪の中川先生が世界で初めて開発した入れ歯で、特許登録もされています。
何がミラクルなのか?この入れ歯を装着すると、次のような利点があります。
何でもかめる。(おかき、おもち、するめ、ごぼう、コンニャク)
自分の歯のように錯覚するぐらい軽い。
1本の歯さえあれば可能であり、しかも上の義歯では口蓋部(のどをおおっている部分)を取り除くことができる。
はめている時にはまっていないと思い、はめていない時にはまっていると多くの患者さんが証言する。(それだけ自然な装着)
その維持装置(ミラクルタッチ)は、前歯部においては、ほとんど目立たず、従来の義歯とは異なり審美的によい。
あくび、くしゃみ、大笑い、してもはずれない。
義歯が初めての人でも抵抗なく義歯を入れる事ができる。
はずしているより、入れている方が楽なケースが多い。
顔の表情がよくなった患者さんも多い。
義歯の床の下に食べものが不思議なほど入らない。
非常にしゃべりやすくなり、しゃべることを仕事としている人にとっては大変都合がよく、喜ばれている。
いかがですか?こういったことが本当に起こるのだとしたら、「ミラクル」だと思いませんか?
良い入れ歯は人生を豊かにします。

大げさではなく、良い入れ歯は人生を豊かにします。

よく食べられるから元気になるし、食べる喜びも味わえます。
食べられる喜びは、健康な方には当たり前すぎて実感できないかもしれませんが逆に、食べるときに、痛かったり強く噛めなかったりする苦痛を想像してみてください・・・これほど辛いものはないですよね。

先日、NHK番組で『入れ歯のハナシ』 が放送され、そこで「入れ歯は噛めない」「入れ歯は話せない」「入れ歯は笑えない」が、入れ歯の三大不満として取り上げられていました。

日本中で多くの方が、合わない入れ歯で悩まれています。もちろん仙台でも、私の医院にも入れ歯にお悩みで来られる方が後を絶ちません。
噛むために、話すために、歯科医院で作られた入れ歯なのに、なぜなのでしょうか?

はじめに結論を言いましょう。

入れ歯で不自由をされている方は、「入れ歯だから不自由」なのではありません。
「合わない入れ歯だから不自由」なのです。
先ほど書いたように、ミラクルデンチャーは従来の常識をくつがえすほどの素晴らしい噛み心地を実現した入れ歯です。

正直、私も初めてミラクルデンチャーの存在を友人から聞かされたときは、半信半疑でした。
しかし、入れ歯にはずっとこだわりをもって治療していた者としては、本当かどうか一刻も早く、ミラクルデンチャーの実態を知りたくて、開発者の中川先生に電話をしました。その時伺った先生のお話には、患者さんに満足してもらえる義歯に賭ける情熱と、それを達成し続けてきた誇りが滲み出ていました。
その電話の直後に、中川先生から送っていただいた多くの症例写真を見て、どのような発想から、このように無理・無駄のない、きちっと維持できる義歯を思いついたのだろうかと驚かされました。その後、私の夢の中にまでそれらの義歯が出てきました。

実際に先生に作っていただくと、ミラクルデンチャーは小さく、軽く、鉤も小さく、さらに鉤の数も少ない。それなのに、いったん口の中に収まると食事や会話中に外れることも無く、痛くもない。そうした先生の治療現場や、また患者さんのとても満足した反応を目の当たりにしたときに、私が長年探し求めてきた究極の入れ歯であることを確信したのです。

それ以降、私も大阪への定期的な研修を通じ、ミラクルデンチャーを装着する技術を身につけました。

そして、今まで何らかの義歯を使用し、不満を漏らして当院へ来られた患者さんたちもミラクルデンチャーに変えた途端、満足いっぱいの笑顔が返ってきました。特に、上顎の多数歯欠損で顎を広く覆うような義歯を使用していた方は、「顎の部分が覆われなくなり、小さくなったのにガタつかず、食べ物も間に入らない」と食事にも会話にも大満足の様子でした。

近年、インプラントが普及してくるとともにトラブルも増えており、正直懐疑的ではありました。しかし、研修会の参加や専門書を取り寄せて、私なりに考察を進めていく中で、インプラントは、患者さんの骨の状況等、いくつかの条件が揃っていれば良い治療法であると思えるようになってきております。

ただし、条件が揃っていればの話であり、「是が非でもインプラントを!」と推進する一部の歯科医師には未だに懐疑的ではあります。

ミラクルデンチャーは、インプラントを安全に受ける条件が満たされない方や、インプラントが不安である方にとって、インプラントと十分に比較できるレベルにある義歯です。『インプラントに比肩できる義歯』として、私は、今、自信を持って患者さんに、ミラクルデンチャーをお勧めしています。

「ミラクルデンチャー」をもう少し詳しくお伝えすると...

大阪で開業されている中川先生が世界で初めて開発した入れ歯が「ミラクルデンチャー」です。
日本国内だけではなく、アメリカでも特許を取得している治療技術です。
(特許:国内14、米国1認可済み)
2018年現在、全国で94院の歯科医院でのみミラクルデンチャーでの治療が可能です。

※ 重要な点ですので補足します。この94院とは、ミラクルデンチャーの全てを習得したFGメンバーのことを指します。FGメンバーの下には、FMメンバーとFJメンバーがいます。

※ 宮城県では当院を含め4院がFGメンバーです。患者様からはメンバーごとの違いが分かりにくいため、ミラクルデンチャーを扱える歯科医院かどうか混同されるケースが発生しています。
詳しくは入れ歯110番のページでご確認ください。