保険治療との違い

入れ歯の種類には、保険が適用できる入れ歯と、できない入れ歯があります。保険診療でも十分な入れ歯はできます。ただし、上あごがプラスチックで覆われているため、お口の中で熱さを感じることができず、「のどもと過ぎれば熱さを忘れる」の逆で、「のどもとにきて熱さを感じる」などの味覚の点、ならびに床が厚いので違和感が強いなどの欠点があります。

当院では以上の理由に加えて他にも様々な観点から自費治療をおすすめしております。また、どうせ自費治療を行うのであれば高性能で長持ちするものを選びたいと思うのが当然です。
ミラクルデンチャーは決して安いとは言えませんが、耐久性・品質・快適性など総合的に考えれば、何度も修理に出したり、作り直すよりも結果的に安かったと感じられる方がほとんどです。

どんな種類があるか?

「ミラクルデンチャーの種類」
ミラクルデンチャーとは、大阪の中川先生が世界で初めて開発した入れ歯で、特許登録もされています。
用途・目的によって「ミラクルデンチャー」と「ミラクルフィット」の2種類に分かれ、それぞれベースとなる素材によって値段も異なるため、しっかりとヒアリングを行った上でお客様ごとに最適なミラクルデンチャーをお勧めいたします。

(ミラクルデンチャーとミラクルフィットの大きな違いは、金属の使用の有無。残っている歯の状態と患者さんの希望に応じて、最適なミラクルデンチャーを提案させていただきます。)

治療費について
治療費について
  • 白金加金ベース・・・・・前歯がなくて内側を薄くしたい方。身体に優しいバイオメタル使用。
  • コバルトベース・・・・・前歯がなくて内側を薄くしたい方。
  • プラスチックベースの白金加金補強・・・・・強度があって軽く、身体にも優しいバイオメタル使用。
  • プラスチックベースのコバルト補強・・・・・強度があって軽い。
  • 金属補強なし・・・・・ノンメタル。金属アレルギーのある方。
  • 金属金具あり・・・・・見た目よりも噛み心地を重視される方。
  • コバルト補強のアクリル・・・・・維持と強度を金属でしっかりさせて、なるべく目立たないようにアクリルで包んでいるもの。見た目と強度を両立したい方

※お支払いは現金または下記のクレジットカードがご利用可能です。

JCBVISAMasterCardNICOSJACCS CARD