入れ歯に関するQ&A
ミラクルデンチャーの「ミラクル=奇跡」は大げさではありませんか?

私もはじめて存在を知ったときはそのように思いましたが、今では本当にミラクルであると確信しています。ミラクルデンチャーを入れられた患者様の第一印象は、「全然違和感がない」とびっくりされます。 しばらく使っていただくと、「入れているのか入れてないのか分からない」 「これが無いと踊れない」「ミラクルデンチャーを入れると、声が良く出て歌い易い」といった言葉が聞かれます。 従来のデンチャーではここまでの反応はいただけませんでした。やはり、外してしまう方が多かったと思います。
今までの「外している方が楽な入れ歯」を、ミラクルは「入れている方が楽な入れ歯」へと進化させました。これはささやかな進化に見えますが、従来の義歯技術から見ると、革命的な進化と言っていいほどの違いで、やがては、このミラクル技法が義歯づくりの主流になるのではないかと考えています。

奥歯が一本ないのですが特に支障なく食事できるので、あえて入れ歯やインプラントの治療をしようとは考えていないのですが、問題はありますか?

確かに、一番奥の歯が1本抜けたまま放置している人がよくいます。「1本ぐらい無くても食べられる・入れ歯は違和感が強くて入れたくない」と言う人が圧倒的に多いのが事実です。しかし、そのような方は必ず首や肩のコリ、からだの重心バランスのずれからくる他の問題を抱えています。そのような患者さんが噛み合せ治療を求めて来院した時に「まず、入れ歯を作らせてください」とこちらからお願いするようにして義歯を作製します。たかが歯1本ですが、それが全身のバランスを崩す原因にもなっているのです。

他の医院が謳っている入れ歯治療との違いは何ですか?

他の医院がどのように謳っているのかをすべて把握はしていませんが、私も15年以上、入れ歯治療にはこだわってきました。(厳密にいうと、入れ歯治療が好きなので楽しんで追求してきました)色々な入れ歯が存在しますが、私の見解としてはっきりいえることは、現段階で「噛み心地・安定性・違和感のなさにおいて、ミラクルデンチャーに勝る入れ歯はない」ということです。

アフターメンテナンスはどのようになっていますか?

特に、通常の入れ歯と変わりは無く、定期的に掃除や調整に来られることを推奨しています。インプラントと違い、口の中の環境が変化してもそれに後々合わせられる柔軟性があるのも入れ歯の利点です。

他院で入れ歯治療をしたが、合わずに痛くて今は装着していません。

それはお気の毒な状況でした。他の先生を悪く言うことは極力避けてはいますが、やはり「入れ歯だから不自由」なのではなく、「合わない入れ歯だから不自由」なのです。入れ歯を装着していなければ、どんどん顎の骨が吸収されてますます治療の選択肢が限られてきます。ぜひ一度ご相談にお越しください。

総入れ歯にしてから体調が悪いのですが、入れ歯と体調は関係していますか?

入れ歯というよりも、おそらく合わない入れ歯による噛み合わせの狂いが原因ではないかと推測されます。専門的なことですので簡単にお伝えすると、

①噛み合わせがズレると首や頭の角度や位置が微妙に変化します。
②その結果、身体の重心が変化します。
③身体がそれに対応しようと、筋肉や骨格、神経まで影響を与えられます。
④結果として、めまい、肩こり、腰痛、不良姿勢、喘息、不眠、生理痛、高血圧症、更年期障害、自律神経失調症、不定愁訴などの苦しい症状に悩まされてしまいます。

入れ歯にすると、両隣りの歯も悪くなると聞いたのですが、ミラクルデンチャーは問題ありませんか?

通常の入れ歯であれば、両隣りの歯に金属のバネをかけることにより過剰な負担をかけ、ぐらついたり抜けてしまったりするケースが多くあります。しかし、ミラクルデンチャーの場合、両隣りの歯に過剰な負担はかけません。例えて言うと、揺れている木があるとして、先のほうをもって揺らすと倒れますね。これが通常の入れ歯の金属のバネのかけ方です。でも、根元を揺らしても倒れませんね。これがミラクルデンチャーの原理です。

入れ歯だと気づかれたくないのですが・・・

「入れ歯=お年寄り」のイメージがどうしても強く、特に女性は入れ歯だと他人に気づかれたくないと言われます。最近では、ノンクラスプデンチャーといって金属のバネがない入れ歯も登場してきました。しかし、強度に問題があり、お出かけのときにだけ装着するという方も多いと聞きます。その点、ミラクルデンチャーは見た目も入れ歯だと分かりませんし、強度的にもなんら問題はありません。

インプラント治療後、かぶせ物を付ける段階でインプラントが取れてしまいました。
担当の先生からは原因はわからないと言われてしまいました。

インプラント治療にかかる費用や時間はもちろんのこと、痛い思いもされてきたことでしょう。本当に辛いご経験をされたことと思います。また、担当ドクターからの原因が分からないという言葉も非常に無責任に聞こえてしまいますね。もしかすると、再度インプラントをすることを薦められるかもしれませんが、私としては反対です。
まだまだ治療技術が確立されてから予後の検証期間が少ないインプラントでは、ドクターにも分からない原因不明のアクシデントは存在しています。「どうしてもインプラントを」と思われる場合でも、一度セカンドオピニオンとして別のインプラントドクターに診てもらうことや他の治療法を選択肢としてお考えになることをお奨めします。

ミラクルデンチャーの治療期間は大体どれくらいかかりますか?

型をとってから最短約3週間で完成します。欠損歯が多かったり、前歯の欠損がある場合は咬み合わせや歯並び、審美性の確認の為、あと2回のステップを必要とし、2~4週間多くかかります。必要があれば、その後にも調整をすることはありますが、あまり調整をしなくてもそのまま完成することが多いです。