症例紹介

ミラクルデンチャーの設計は同じような欠損状態でも各人の、
 1,維持となる残存歯の状態
 (歯周組織、歯の傾斜度、被せ物、詰め物、動揺度)

 2,対合する歯の状態や噛み合わせ状態
 3,噛む力の大きさや咬み癖
により異なります。
実際にお口の中を診せて頂いて、御希望を伺った上で御提案させて頂きます。

口蓋を薄くして違和感をなく強度も十分な金属床のミラクルデンチャー
この症例では、右の犬歯の根元奥側に金属が出ますが、実際の口元では全然見えません。

くわしくはこちら

歯が1本でも残っていれば、このように上顎を大きくくりぬいたミラクルデンチャーが作製できます。

くわしくはこちら

ミラクルフィットでも作製可能ですが、噛む力の強い方はこのように金属を使用した方が破折の危険性がなく安心して噛む事ができます。

くわしくはこちら

咬合平面が大きく湾曲しており、保険で作製した入れ歯で噛むと痛くて使用できなかった。
通常、上下の咬合平面を整えて作製するのですが、上顎の入れ歯には絶対手を加えたくないとの希望。ミラクルデンチャーで何でも噛める様になりました。

くわしくはこちら

有歯顎時に反対咬合だった患者さん。できるだけ口蓋を大きく開けてらくにはなせる義歯を希望して来院。
反対咬合だった患者さんは、上顎が通常より小さいため、義歯の厚みや大きさが大きな不快感になります。
金床のミラクルデンチャー(ミラクルゴールドプレート)で話しやすくなりました。もちろん、食事も満足です。

くわしくはこちら

維持部と連結部に金属を使用したレジン床のミラクルデンチャー。
嘔吐反射の不安が有った患者さんでしたが、違和感なく装着、使用できました。
見た目にも、金属の露出がなく満足されています。別の例ですが、不思議な事に、保険で作製した2歯分の義歯に違和感の有った方が、12歯分のミラクルデンチャーだと何の違和感もなく使用されていられる事がよくあります。

くわしくはこちら

金属を使用せず、弾性のある樹脂を使用 見た目を重視される方はこちらを選ばれます。

くわしくはこちら

ミラクルフィットのその他の症例です

くわしくはこちら

一部小さな維持装置に金属を使用 片側の前歯から臼歯までの欠損にはこの小さな金属フックが有った方が安定度が増します。

くわしくはこちら

他院で作ったスマ○○デンチャーががたついて噛めなくて来院。
ミラクルフィット3を新製しました。レジンは弾性のない硬いレジン、中に金属を埋め込んで維持と割れにくさを強化しています。
この様な症例の場合、硬い義歯の方が噛んだ時の変形が無く、痛みが出難いと思われます。

くわしくはこちら