かみ合わせについて
「なぜ?」を深く知る

患者さんにとって、噛み合わせの重要性はあまり知る機会がないかと思います。実は、歯科医師にとっても、この噛み合わせの重要性を認識している先生とあまり認識されていない先生に分かれます。

しかし、精密な入れ歯を作る際にも、この「噛み合わせ」が非常に大切です。
入れ歯がピッタリしていても噛み合わせが悪いと入れ歯は動きます。その結果、入れ歯があたり痛みが出たり、外れたりするのです。

今までの歯科医院は「どう治すのか?」ばかり考えていましたが、「なぜ虫歯になったのか?」「なぜかぶせ物が取れたのか?」といった「なぜ?」の箇所を深く考えることはありませんでした。

その結果、治療したのに症状が再発したりしていました。
この「なぜ?」を深く知るために必要なことが噛み合わせの診断なのです。

歯をなくす原因は噛み合わせ

また、一般的に歯をなくす原因は、むし歯と歯周病が主な原因とされていす。

しかし、実は歯をなくすほとんどの原因に、バランス良く噛めないことが関わっており、噛み合わせを正常にすることが、すべての歯科治療を行う上でのまず初めにすべき重要なことなのです。

さらに、噛み合わせが悪いことによって、体のほかの部分にも影響を与えてしまう可能性があります。

例えば、頭痛、肩こり、腰痛、あごの関節の痛み、耳鳴りなどは、噛み合わせが悪いことによっても引き起こされます。

そこで、河原町歯科医院では、入れ歯治療も含めてこれから歯科治療を受診される皆様に、噛み合わせ診断を推奨しております。
噛み合わせ診断では、以下の内容を行います

噛む圧力
前後・左右の噛むバランス
直立姿勢での左右の重力バランス
頭蓋骨のレントゲン(セファロ撮影)顎の骨格